問題構成・配点

日商簿記2級の試験は100点満点で、
配点は商業簿記60点、工業簿記40点で構成されています。
大問形式で出題され、5題×各20点の配点となっています。

 

ではその詳細を見ていきましょう。

 

 

商業簿記 配点60点

3級と比べて、覚える内容や問題のレベルが格段に上がっています。

 

 

第1問 仕分け問題 

3級試験の場合と同様に、1問4点の仕分け問題が5題出題されます。

 

2級試験の内容は、もちろん3級よりも難しくなっておりますが、
他の大問よりは圧倒的に簡単です。

 

ここで得点が取れないと後半の問題が非常に苦しくなってきますので、
ぜひとも得点源として行きたいですね。

 

 

目標としては最低でも16点/20点、
出来れば20点取っておきたいところです。

 

 

 

第2問 伝票や帳簿に関する問題など 

これは1題で20点の配点で、詳細な採点方法は不明です。

 

ただ、加点方式で2点×10箇所が決まっていて、
そこの数字があっていれば加点という方式だと思います。

 

 

大まかに言って、パターンが4〜5種類あります。

 

ですので、そこを押さえれば問題ありませんが、
多くの受験者は過去問対策が不十分であるため、
あまり得点できていない人が多いです。

 

 

完答はかなり難しいですので、部分点を狙っていきましょう。
目標は、14点/20点です。

 

 

第3問 精算表や財務諸表の作成など

1題で20点の配点で、詳細な採点方法は不明です。

 

 

第2問と同様に、加点方式で2点×10箇所が決まっていて、
そこの数字があっていれば加点という方式だと思います。

 

 

こちらもパターンが4〜5種類ありますが、なかには難しい問題も多く、
個人的には2級試験で一番の山場かと思います。

 

完答はかなり難しいですので、部分点を狙っていきましょう。

 

 

こちらも、14点/20点が目標です。

 

 

工業簿記 配点40点

商業簿記と比べると簡単ですし、出題パターンもそれほど多くありません。

 

しかし、商業簿記に気を取られるあまり、
対策がおろそかになりがちな人が非常に多いです。

 

難易度は決して高くありませんので、
対策にしっかりと時間をとって、確実に得点していきたいですね。

 

 

ですので、資格取得のためにこちらも計画的に勉強していきましょう。

 

 

第4問 仕分け問題や勘定記入問題など

基本的には、原価計算と損益計算書に関する出題です。

 

 

パターンがいくつかありますが、全てに対してきちんと対策しないと、
この設問を丸々落としてしまうということにも成りかねません。

 

苦手なパターンを作らないようにしましょう。

 

 

目標点数は、16点/20点です。

 

 

第5問 原価計算(総合原価計算、標準原価計算、直接原価計算)など

第4題とそれほど内容的に変わらないと思います。
それぞれの原価計算の違いを抑えて学習すれば問題ないと思います。

 

 

こちらも目標点数は、16点/20点です。

 

 

 

 

ちなみに、この目標点数を取っていけば、
76点/100点となり合格することができます。

 

「意外とキツイ。。。」という感想を持たれた方も少なくないと思いますが、
張り切って頑張っていきましょう!

スポンサードリンク

工業簿記 配点40点

商業簿記と比べると簡単ですし、出題パターンもそれほど多くありません。

 

しかし、商業簿記に気を取られるあまり、
対策がおろそかになりがちな人が非常に多いです。

 

難易度は決して高くありませんので、
対策にしっかりと時間をとって、確実に得点していきたいですね。

 

 

ですので、資格取得のためにこちらも計画的に勉強していきましょう。

 

 

第4問 仕分け問題や勘定記入問題など

基本的には、原価計算と損益計算書に関する出題です。

 

 

パターンがいくつかありますが、全てに対してきちんと対策しないと、
この設問を丸々落としてしまうということにも成りかねません。

 

苦手なパターンを作らないようにしましょう。

 

 

目標点数は、16点/20点です。

 

 

第5問 原価計算(総合原価計算、標準原価計算、直接原価計算)など

第4題とそれほど内容的に変わらないと思います。
それぞれの原価計算の違いを抑えて学習すれば問題ないと思います。

 

 

こちらも目標点数は、16点/20点です。

 

 

 

 

ちなみに、この目標点数を取っていけば、
76点/100点となり合格することができます。

 

「意外とキツイ。。。」という感想を持たれた方も少なくないと思いますが、
張り切って頑張っていきましょう!

<スポンサードリンク>