資格取得のメリット

簿記の資格を取得するべき3つの理由とメリット

 

 

日商簿記試験は昨年だけでも、1級〜3級までで、
なんと60万人以上もの方が受験しており、簿記の次に多い宅建の2倍以上でした。

 

 

現在、把握しきれないほど様々な資格がありますが、
簿記の資格取得者の需要の大きさを物語っています。

 

 

では、なぜ多くの人が日商簿記の資格取得を目指すのでしょうか??

 

 

ということで、具体的に簿記の資格取得のメリットについて、
書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

企業のニーズが高い

 

簿記の資格を取得することは社会人のマナーとも言われており、
簿記に関する最低限の知識は、
社会で働くために必須のスキルなんですね。

 

 

確かに会計や経理の業務がない会社は存在しませんし、
営業などでも、お金の流れについてある程度把握していることは、
働いていく上で大きなメリットになります。

 

 

また会社での会議等でも、
簿記に関する知識をある程度持っていることを前提にして、
商談や会議が進むことは多々あります。

 

 

ですので、現在直接的に経理や会計に携わっている人だけでなく、
これから社会に出る人などにとっても、
あらかじめ簿記の知識を持っているということは、大きなメリットになります。

 

 

また、日商簿記の資格取得をしていると、就職などの際にも有利になります。

 

もちろんそれだけで合格という簡単なものではありませんが、
面接官は少なくとも、
「この人には経営に関する数字を読み解く力がある」と判断するでしょう。

 

 

ちなみに、金融機関の場合には、
簿記を取得していると面接官に喜ばれる傾向がありますし、
就職後には、必ずと言っていいほど取得必要が出てきます。

 

 

 

大学入試に有利

簿記の資格を取得するべき3つの理由とメリット

 

 

すべての大学ではありませんが、簿記2級程度取得していれば、
大学の推薦入試で有利になるケースが少なくありません。

 

 

簿記のスキルを持っていること自体も評価されますが、
「この子はちゃんと勉強できる子なんだな」
努力する力を評価されるケースも多いようです。

 

 

これは余談ですが、
大学には「簿記論」といった講義がありますが、
簿記を取得していると間違いなく単位は取得できます。

 

私の通っていた某私立大学では、
簿記3級の取得者であれば、全員必然的に「A」という判定をもらっていました。

 

 

 

税金を下げることができるかも

サラリーマンではない個人事業主の場合、
自分で税金の額を申告して国に収めることになります。

 

 

ここで、ちゃんと「複式簿記」によって帳簿をつけ、
それに基づいて確定申告をする場合、税額控除が最大65万円分発生したり、
家族への給与が必要経費になったりするという特典が発生します。

 

 

これがいわゆる、「青色申告」というものです。

 

 

現状では、会計ソフトに任せたり税理士の人に見てもらったりと、
漏れや不正がないように必ずしも自らやる必要はありません。

 

しかし、簿記を知っていることで、
そういったお得な制度を有効に活用できるようになるのです。

<スポンサードリンク>