全体像をつかめば覚えたことは忘れない

全体像をつかめば覚えたことは忘れない

 

突然ですが、どういう風に勉強していますか??

殆どの人の勉強法って、テキストを1章読んで問題集を1章解いて、
2章を読んで・・・という感じではないでしょうか?

 

 

やり方次第では、これでもいいと思います。

 

 

しかし、全章終えるのにすごく時間がかかって、
「もう勉強はお腹いっぱい」となってしまったりします。

 

 

また、「そもそもこんな事やっても、役に立たないんじゃないか?」などと考えてしまい、
モチベーションが上がらないといった事態になりかねません。

 

 

これはまさに、「木を見て森を見ず」の状態です。

 

 

目の前の木しか見えていないため、
その木が地図でいうとどの辺りに生えているのか分かりませんし、
歩いても歩いても同じような木しか見えてこないため、
どこが森の終わりであるのか分からないのです。

スポンサードリンク

全体像を見る

簿記に限らず、勉強においてまずやらなければいけない事は、
「全体像を見る事」です。

 

 

全体像が分かれば、おおよそのゴールが分かるため、
逆算して予定を立てる事も容易になります。

 

また、その時にしている学習の内容が、
全体の中でどのように位置づけられるかが分かるようになります。

 

 

簿記で言えば、一度全体を把握して「最終的に簿記で何をするのか」を確認し、
その上で、ある章がどういう風に全体の中で、位置づけられるのかを知ることです。

 

 

 

何も最初から、完璧に全体像を把握する必要はありません。

 

 

 

ですから、ひとまず、メガネを外して外の景色を見るように、
「あれはコンビニかな?」「あれは駅かな?」と、
漠然と景色を捉えるように見ていきましょう。

 

 

そして徐々にメガネの度数を上げていって、
「あれはファミマだったのか」「これは××駅だったんだな」と細部を見ていきましょう。

 

 

そうすることで、簿記に対するイメージが徐々に鮮明になっていって、
その時にやっている学習が、何のためのものなのか意識できるようになって、
忘れにくい記憶の構造が出来上がるのです。

 

 

少々抽象論になりましたが、合格体験記3の中で、じゃあ簿記で言えば、
どのようにそれを実行するのかという事を書いていますので、よろしければご覧下さい。

<スポンサードリンク>